データ分析実務スキル検定(CBAS)資格取得者

藤村 秀雄さん ー2020年2月合格ー

《資格取得者プロフィール》

■お名前 

藤村秀雄さん

 

■業務内容

不動産デベロッパー

 

■職務内容

グループ会社社長

Q、どのようなお仕事の中で、データ活用をされているのでしょうか?

仕事としては不動産デベロッパーになりまして、今は関連会社の代表を勤めております。

大きな商業施設も所有している会社ですので、ポイントカードの履歴データなどは保有しておりますが、業務の中で、私がデータ分析するポジションではありません。

ただ、私自身がデータ分析やデータ活用について、とても興味関心がありました。今後、ビジネスを進めて行く中での必要性も理解していたので、データサイエンススクールに通いスキルを学びました。

 

Q 今回、なぜCBASを受験されたのでしょうか?

データ分析・データ活用のスキルを勉強により身に付けましたが、それを証明するものが無かったので、今回資格としてデータ分析実務スキル検定を受検しました。

あとは、ある程度の時間が過ぎると学んだことも忘れてしまうことがあります。今回、その復習をするタイミングとしては非常に良かったと思っています。

 

Q 、CBASの資格や、データ分析やデータ活用のスキルを持っていることが、経営者として、採用や評価にどう活きるとお考えでしょうか

Python、R、エクセル、SQLは初級レベルだと思うので、そこだけを見て判断するには、少し違うかなと。実務担当としてバリバリ仕事ができるという判断がつくものではありません。

一方、統計やビジネス分析についての問題ができているのであれば「一緒に仕事をする」評価やその参考になると思います。Pythonなどのスキルは後からでも頑張れば学べますし、会社の中に専門の人がいれば、育てることもできます。

 

Q、試験を受けての感想を教えてください。

試験時間が短いですよね。試験の中でも「この問題はあとで考えよう」って思って飛ばした問題があったのですが、結局はゆっくり考えることはできませんでしたね。

問題としては、サンプルサイズの問題や、グラフ表現については、難しいかったですね。

対策講座などで理解していなければ解けなかったと思います。

あとは、Rについては正直忘れていたこともあって、試験前にしっかり復習しておいて良かったと思います。エクセルは間に合わなかったですね。

 

 Q、具体的には、どんな試験対策や準備をされたのでしょうか。

基本的には、対策講座で試験対策を行いました。それでも心配な部分に関しては、スクールの講座を振り返って、関連する部分を勉強しましたね。SQLについてもオンライン講座などで復習しました。

ビジネス分析やその考え方を問う部分については、そもそも得意なので解けたと思います。やはり業務の中での経験もありますので。

契約やコンプライアンスも同様で、最低限の知識がありますので解けたと思います。

逆にPython、R、SQLは、今の業務の中では使っていないので、今回しっかり復習しましたし、統計についても対策講座で振り返れたのが良かったと思います。

 

Q、もしあなたが経営者だったら、CBAS合格者を採用しますか?

この資格の合格・不合格という結果より、その人がどの部分が強い、どの部分が弱いといった分野ごとのスコアを見ることができるのであれば採用の参考になると思います。

 

Q、データ分析スキルの価値が今後どう変わると思いますか? 

どこかの国の首相が新型コロナウイルスについて「この分散が、ここまで収束すれば、こうなる」といったデータに基づいたコメントをしていて、日本と世界の違いを指摘する記事がありました。

業種によって違いはありますが、国内でビジネスを行なっていく中で、経営層から統計的な話やデータに基づいての話がでる機会は、まだまだ少ないと私は感じています。

この状態が続くのであれば、データ活用が普及するまでには、しばらくの時間が必要になるでしょう。

 

一方で、経営現場でのデータ活用は差別化のチャンスとして私はとらえています。

それはデータ分析を取り入れることで、経営判断の精度や納得感を高められます。経営者層の意識の高さ次第で、大きな武器を得られる。そういった意味でも私は注目していますし、学ぶ価値があると思います。

 

 

Copyright © 2019 DataMix All Rights Reserved.