サンプル問題はこちら

CBAS シチズン・データサイエンティスト級(Citizen級)

データサイエンスの専門家ではないビジネスパーソンがいざデータ分析をしようとした際に直面するのは、データハンドリングのスキル不足です。現場にある帳票や日々使う業務データは、必ずしもデータ分析用に整形されていません。そのため、AIやBIといった便利で高度なツールにデータを投入しようとした際に、現場のビジネスパーソン自らデータの整形や加工を行う必要が出てきます。しかし、日常のエクセルスキルでは困難なことが多く、この段階でデータ分析を諦めてしまうケースが多いのが実情です。さらに、高度な分析ツールを用いなくても、単純集計やグラフを作成するだけで十分な示唆を得られるケースもたくさんあります。いずれにしても、目の前に立ちはだかるのは、煩雑なデータクレンジングをいかに乗り越えるか、これが問題になります。

CBAS シチズン・データサイエンティスト級では、Excelによるデータクレンジングのスキルを中心に測定、評価します。CBAS シチズン・データサイエンティスト級の合格者は、自らが現場にある様々な業務データを加工・整形するスキルと、データ分析思考を有していることを証明します。

対象者と合格者に求められる
役割・水準

受験者像

データ活用を推進する企業で、データハンドリングから分析までをExcelを駆使して行う非専門家のビジネスパーソン。

証明

社内のデータ活用シーンにおいて必要となる分析思考を有し、自らデータの抽出・加工をし、Excelを使った可視化・仮説検証をスムーズに行うことができることを証明。

合格者の業務と
期待役割

合格者は、自らの業務・仕事の中で課題を見つけ、Excelを使ってデータの整形・加工を行い、適切なデータ分析を行うことができる。

合格者に期待される
技術水準

・分析対象となる事象を分解する必要性を理解し、KPIツリー等を駆使して実施できる。
・Excelを用いて、分析しやすいデータの形に整形・加工することができる。
・Excelを用いて、目的に応じた適切なデータ可視化を行うことができる。
・主張するメッセージに合わせたデータ可視化手法を選択したり、グラフからの示唆出しを行うことができる。

シラバス

シラバス

集計値と可視化の理解

① 基本的なビジネス指標の関係を理解している
・KPIツリーの作成、変数のコントローラビリティ

② 基本的なデータ可視化手法を理解している
基礎グラフ(棒グラフ、折れ線グラフなど)/統計グラフ(ヒストグラム、散布図など)/グラフ作成における基本的な注意点

③基本的な集計値の意味を理解している
基本指標と集計値(平均値、変化率、最頻値など)の解釈

データハンドリング

① データの前処理ができる
不適切なレイアウトの表の修正/欠損値・外れ値の対処/重複の削除・表記ゆれの対処・表記の統一・再カテゴライズ

② データの抽出ができる
特定の条件を満たすデータの抽出/分析目的に応じた必要なデータの抽出

③ データの要約ができる
データの形式的な要約(行数・列数の出力、数量データとカテゴリカルデータの区別)/データの統計的な要約(統計量を用いた要約)/2変数以上の要約(クロス集計表の作成、相関係数)

④ 指標計算ができる
与えられた定義の元に指標の計算

⑤ データの可視化ができる
基礎グラフ(棒グラフ, 折れ線グラフなど)の作成/統計グラフ(ヒストグラム, 散布図など)の作成

⑥ パターンや関係性を探索できる
データ間の関係性の探索(相関関係・類似度の計算)/共起関係の抽出/季節変動や頻出パターンの発見

⑦ 要因分析、感度分析ができる
一部データの変化に応じて、集計値がどのように変化するかを計算/ある要素の全体への寄与率を計算

⑧ 仮説の検証ができる
与えられた仮説の検証/与えられた主張の裏付けとなるデータを抽出

⑨ ナンバリング、カテゴライズができる
データのランダムな並び替え、規則的なナンバリング など

受験方法

【試験方法】
コンピューター上で実施するCBT等のオンライン形式。
【時間】
80分
【問題数】 
20問(多肢選択式)Excelを操作して解く実技試験
【合格ライン】 
100点満点で70点以上
【受験方法】
個人様向け

本検定試験は、全国主要都市含む約230箇所の試験会場で受験可能です。
(オデッセイコミュニケーションズのCBT方式)
受験料金:8,800円(税込)

試験受付について

・試験申込日時:決まり次第HPにてご案内いたします。
・試験実施日時:2022年12月より会場ごとに設定された試験日にて実施


※ テストセンター受験(CBT)は、
現在お申し込みページを準備中になります。